不登校、高校中退からの人生ガイド

不登校でも、高校を辞めても大丈夫。そういう考えで書いています。

高校中退したけど就職できるの? 履歴書にはなんて書く? 面接は?

すみません、最近ブログサボっていました。

今日はこの真剣で切実な問題について考えてみたいと思います。

目次

履歴書の書き方

履歴書は以下のような感じで書けば大丈夫です。

  • 県立(私立)〜〜高等学校 中途退学

経歴詐称・偽装すべき?

大卒であれば高校中退を調査されることはまず無いですし、大人になれば多少のごまかしは当たり前のことです。ただしバレた時のリスクを考えると、素直に話しておいた方がいいでしょうね。

高卒認定試験は高卒とは違う。

高校卒業程度認定試験を受けても大学や専門学校に進学する権利が手に入るだけで、高卒扱いにはなりません。ご注意ください。

高卒というどうでもいい資格が欲しい人は、N高や通信高校を卒業しましょう。

面接では絶対に聞かれるが、なんて言えばいい?

 

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する (中経出版)

 

 

面接の際には普通に振るまって、素直に話せば大丈夫。

「なぜ高校を中退したんですか?」

ほとんどの採用担当者・人事は仕事が忙しくてたいして何も考えていない為、履歴書の一番上を見てこうやって言います。

これは別にちゃんと答えられるかを見ているだけで、たいして何も考えていないので、普通に答えればOKです。

少し気まずそうな顔をするのがポイントです。

私の場合は気まずそうな顔をして、「少し長いお話になるんですが……手短に話したほうがよろしいでしょうか?」などと言うようにしています。そうすると相手のほうも"初対面でいきなりちょっと失礼なことを聞いてしまった"という顔をするので、同情を買いやすいですね。

「先生とあまり相性が良くなくてですね。いつも大きな声を出してばかりの人でした。この先生は私が中退した後に実際に生徒に怪我をさせたんです。たしか顔の骨を折る大怪我だったとか…… この事件はグーグルで検索すれば出てきます。このような環境で、ちょっと精神的に参ってしまったんですよね」

こんな感じのことをたどたどしく、ゆっくり話しましょう。実際に怪我をさせたのは隣のクラスの先生ですが、一人称で話した方が面白いので、ちょっと話を盛りましょう。

就職はできるのか?

高校中退して、得意なことが何もないなら、あまり良い仕事には付けないと思います。

このサイトでもいろいろ紹介していますが、1つのことを何か勉強しましょう。

何もないならN予備校あたりから大学に進学しましょう。

プログラミングスクールに通うのも良いと思います。

プログラミングもジャンルが幅広いですが、ウェブ系は比較的自由な社風で仕事ができると思います。

飲食人大学のようなスクールから料理を身につけるのも良いと思います。地方でお店を出して成功すれば、それなりにお金持ちになれます。

この手の新興勢力は、はっきりいって運営体制があんまりしっかりしてないかもしれません。就職サポートも手薄いかもしれません。

だからこそ、主体性が大事だと思います。環境のせいにしないで、必死で勉強しましょう。

高校を辞めて、誰にも何も指図をされないで自分の力で動いていることに、興奮を覚えた人も多いと思います。

アルバイトを探したり、市役所に高卒認定の申し込みに行ったり、勉強を自力でしたり。高校を辞めた人は主体性があるのが強みだと思いますね。

私の場合は……

私自身は大卒(無名)の時点では就職活動で苦戦(書類15社、面接5社ほど)しましたが、清掃業のまあまあ給料の良いルート営業に就職できました。ちょっとブラックでしたので、きっちり3年働いて、やめました。

2社目の転職活動では3社(書類20社、面接5社ほど)からオファーをもらっている状態で1社を選びました。これは必死の勉強と、自分の制作物を提出したことで努力と実力を認めてもらったからだと思っています。

なので自分の場合はそれほど高校を辞めたことで、就職活動で苦戦したとは思っていません。そんなことを気にする会社とは縁がないという感じで、開き直っているぐらいでした。(笑)

まとめ

1にも2にも役にたつ人間にならなきゃダメです。高校卒業したばかりの人と会話をして、そのうちのどれぐらいの人と、一緒に仕事をしたいと思いますか? 私は高校なんて行っていないという10代の人を知っていますが、その辺の高校生の何倍も優秀だと思います(一緒に仕事をしています)。

高校は大人しくしていれば、結構良い加減にやっていても卒業できます。そんな資格に何の価値があると思いますか?

いま高校生なら真剣に自分に生み出せる価値とは何か考えましょう。高校を辞めたなら今すぐに生き残る道を探しましょう。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。