読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人向けに情報発信しています。

まとめ:Google先生社員の健康づくり

出典:Googleが社員の健康づくりに取り組む理由 - ログミー

僕たちの日常生活に役立ちそうな記事を読んだので、まとめてみました。

Google先生社員の健康づくり

革新的・前衛的な企業として知られるGoogleですが、オフィスワーカーの健康づくりを通して仕事のパフォーマンスの向上を実践しているそうです。

グッドな人とグレートな人の違いは、「体力」と「根性」にある。

「体力」はまだわかりやすいですが、「根性」これを科学的にいうと「根性」とは「血糖値」だそうです。血糖値を一定の範囲内にすることで、脳がうまく働くそうです。逆に甘い飲み物で急激に血糖値を上昇させると、一時的にはパフォーマンスが向上しますが、その後で脳の停滞期が訪れるそうです。この為、3〜4時間ごとに食事をするのが脳のパフォーマンスにとって最もベストだそうです。

睡眠は一定時間に起きることが大切。

例えば平日は朝早く起きて、休日は夜遅くまで寝ている。こういう人は月曜日の朝から体の調子が悪いそうです。一定時間に起きることで、体が時差ボケせずに頭がよく働くそうです。

経営者に求められるスキル「料理」

グッドな人とグレートな人の違いは「何時に始め、何時に終わるか決めている」。

料理をする為には料理・買い物・食事・後片付けなどをしなければならない為、時間管理能力が向上するそうです。よく締め切りがあることで仕事が捗るといいますね。

また、料理や食事に真剣に取り組むと、「自分の注意を向けたいものに注意を向ける」ことで脳のパフォーマンスが向上するそうです。刺激の多い現代社会においては必要な能力だといいます。

1つのことに集中することで、脳の状態が「デフォルト・モード・ネットワーク」になる。これは何も考えずにぼんやりしている時や、眠っているときにも同じ状態になりやすいが、ちょっと遠い記憶同士を結び付けて、新しい発想が出やすくなる。

以上の根拠からGoogleは社員に「ランチは真剣に集中して本気で食べろ」と指導しているそうです。

食事の後は昼寝をすることで脳が修復し、午後からのパフォーマンスが向上します。

モチベーション

ここは箇条書きにしておきます。

  1. 始める理由にはモチベーションが必要。
  2. 続ける理由のときは、モチベーションを落とす。がむしゃらにやると続かない為。
  3. 最終的にモチベーションを落としたら、全くモチベーションがなくても、苦もなく続いていくようになる

習慣化はすぐには難しいが、いずれは「歯磨き」のように習慣化するそうです。

まとめ

少し長めですが、面白い記事だったので要点をまとめてみました!

よかったら本文もご覧になってくださいね! 

出典:Googleが社員の健康づくりに取り組む理由 - ログミー

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。