高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人向けに情報発信しています。

鳥インフルエンザの予防について。

目次

佐賀で鳥インフルエンザ発生。

近年アジアを中心に猛威を振るっている鳥インフルエンザですが、H5型のウィルスはアジア・ヨーロッパで深刻な被害をもたらしています。鳥類は移動距離が長く、人間にとって境界線があるように見える場所でも、簡単に柵を越えていけます。その性質上、飼育下・野鳥問わず、管理が非常に難しいと言われています。

僕も仕事柄よく養鶏場などに出入りをすることがありますが、人里離れた場所にあり、出入りの際にタイヤや靴の消毒を行うなど、感染症対策が行われています。

一般の消費者である私たちは何に気を付けたら良いでしょうか。人体への感染は考えられるのでしょうか。

 

感染爆発―鳥インフルエンザの脅威

感染爆発―鳥インフルエンザの脅威

 

 

人体への影響:予防と対策。

鳥インフルエンザは人間にも感染します。

さいわい日本ではまだヒトへの感染は確認されていませんが、鳥インフルエンザは人にも感染します。感染例はまだ少ないですが、中国・インドネシア・ベトナムなどでは多数の死者を出しています。

基本的に鳥類を宿主とするウィルスはヒトに感染しにくいですが、大量のウィルスにさらされた時、宿主の体質や、睡眠不足・過労などで抵抗力が落ちている場合に、感染するケースがあるようです。また近年はブタの体内でウィルスに変化が起こり、ヒトへ感染するウィルスとなっている可能性があります。

ワクチンもまだ十分な性能・供給量が無い状態ですから、私たち自らで鳥インフルエンザについて学習し、日ごろから予防を行っていく必要がありそうです。

鳥類は加熱して食す。手洗いうがいを徹底する。

まず調理の際ですが、70度以上の過熱を1分することでウィルスを死滅させることができるそうです。日本では生卵は食用ですから、神経質になる必要はありませんが、心配であれば火を通せば問題ありません。鳥と触れ合った後には、手洗い・うがいをきちんとしましょう。

感染例がほとんどないわけですから、いささか神経質すぎると思いますが、鳥に限らず感染症を媒介する生物は無数にいます。食中毒、感染症対策としても、上記のような対策は基本だと言えるでしょう。

政府の対策

ひとたび鳥インフルエンザが発生すれば養鶏業者にとって大打撃となりますが、日本は感染拡大・安全確保についてかなり厳しい対策を取っています。

日本では密閉撲滅作戦という独自の対策を取っており、鳥インフルエンザが発生した場合にはその養鶏場の鳥すべてを処分、移動を禁止しています。

 

参考URL

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。