高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

成人式で若者、大暴れ!

今日は成人の日です。

最近僕は良く思うんですけど、自分が大人かどうかというのは自分が決めるべきことであり、人に決められるものではないです。成人の日というのは、あくまでも地方自治体のイベントと、各学校の有志が同窓会を行うだけの国が定めた休日です。

二十歳になると選挙権、飲酒、煙草、など国からの特典がたくさんありますが、よく考えるとこういうことは、別に自分で勝手にやろうと思えばできることです。

もし無人島に生まれたならこんなルールは守る必要ないし、例えば僕の住んでいるアパートだって、隣の部屋では何が行われているか分からないですね。

中にはまだ若いのに、暴れている新成人に向かって「いい迷惑だよ」なんて言っている人もいます。高いお金を払って袴をレンタルして、あの式典のスムーズな進行を期待している。こういう分別臭い人は、年寄りどもが敷いたレールに乗ることに違和感を感じないのでしょうか。

国への帰属意識の問題だと思いますが、交差点で派手に装飾した自動車でサークルモッシュみたいなことをしている人たちのほうが、将来見込みがあるような気がします。

この人たちは逮捕されても生きていけるぐらいのコミュ力と人脈、ありそうですから。

伊東市、市長をハゲ呼ばわり。

成人の日で検索して出てくる動画をいろいろ見てみました。ハイサイ探偵団とかプロレスラーのシバター氏が直接取材している動画や、ニュースの映像など、いろいろ上がっています。

中でも面白いのが04年の伊東市の成人式ですね。市長のことをハゲ呼ばわりしたうえに市民憲章を破り捨てる。本当に元気な新成人ですね。マスコミも良い映像が取れてありがたかったことでしょう。

関連動画

2004年伊東市成人式 - YouTube

体はりすぎじゃないか?

言うまでもなく暴れる新成人たちは、もう大人で、大人として、自分の責任でこのような反体制的な行為をしています。すでに反体制的な思想に染まっている、立派な大人なんです。

僕もけっこう反体制的な人のことは好きなので、とても面白いと思いますが、道路交通法違反に公務執行妨害。運転免許の更新が面倒になるし、前科が付くといろいろ不便もあり、生きづらくなります。

こういった公の場で思想を表明することは本当に立派だと思いますが、しかし自分の将来のことを考えるなら、つまり保身と打算のことですが、もうちょっと穏やかなデモ行為をするぐらいに留めた方がいいような気がします。

政治家の演説中にハゲー!不景気なんとかしろー!ってヤジ入れるのは良いですけど、たくさんのカメラが回っている中でステージに上がって市民憲章を破るというのは、あまりにも過激です。

テロ行為みたいなもんです。絶対捕まります。辞めた方が良いと思います。

過激派は一部。

他の動画を見れば分かりますが、過激派はほんの一部で、ほとんどの新成人は、せいぜいお酒飲んでばか騒ぎしているぐらいなものです。派手な格好をしているのはコスプレみたいなもんですね。

見た目のわりに、意外と堅実な人が多くて、残念ですね。

高校中退してまだ人生が決まっていない人も、二十歳ならそんなに心配することないです。成人式は行っても行かなくても良いと思うし、興味があるなら同窓会に顔出してみればいいと思います。

だいたい普段付き合いのない奴と同窓会だとか言って集まっても、そんなに盛り上がらないです。それだったら今付き合いのある仲間たちと、成人祝いの飲み会でもしたほうが、楽しいのでは無いでしょうか。

気楽に生きましょう。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。