高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人向けに情報発信しています。

ギター初心者:まず何から始めたらいい?どんなギターを買えばいい?

初めてのギター。

実は学校教育では結構まじめに音楽のことを教えているんですけど、高校辞めちゃうような人は、まずそういう授業を真面目に聞いたことが一度もないでしょう。ですから音楽について、1から勉強していく必要がありますが、安心してください!

この記事を書いている僕もそうでした。音楽のことなんか何も知らずに、楽器を独学で始めて、バンドを組んだり友達とジャムセッションを楽しんだりしていました。

現代生活に音楽は欠かせません。楽器が弾けるととても楽しいですよ。音楽を聞いている側から、演奏する側に1度回ってみたいと思いませんか?

ギターを習おう。

言うまでもなく、こんな記事を読んでいる暇があったら、近所の音楽教室を探して、習いに行ってください! 最近はネットでのマッチングサービスもあるし、音楽スタジオ(*1)で先生を紹介して教室をしているところもあります。

人間っていうのは模倣する生き物なんですね。何でも出来る人のところにいって、真似して覚えるのが一番です。手取り足取り教えてもらい、分からないことは聞く。

先生との相性も大事だと思いますね。

 

* 音楽スタジオ…… 防音室が用意されている時間貸しのレンタルスペース。

アコギとエレキ、どっちがいい?

アコースティックギターを買うか、エレキギターを買うか、迷うと思います。

僕はエレキベース(*)を一番メインにやっていたんですけど、周りを見ると一番人気があるのはアコギですね。シールドに繋がずにどこでも弾ける手軽さが、受けるようです。

エレキギターのほうが弾きやすいという面もありますが、最初はアコギから始めるのが良いと思います。

*エレキベース バンドの中で低音部を担当するパート。どちらかというとメロディよりは、リズム隊に属する楽器です。レッチリのフリーが有名。 

どんなギターを買えばいいの? 

 

最初のギター選びは、そんなに真剣に考える必要ないです。

お金がなければ入門用のセットのものを、余裕があれば50000円~100000円ぐらいの、自分が気に入ったデザインのものを買えば大丈夫です。

自分の好きなミュージシャンと同じデザインのものを選ぶのもOK。

チューニングって何? どうやるの?

ギターの弦は、張力を調整して音程を合わせるので、演奏する前にチューニングを合わせてください! これについては、チューナーや教則本を参考にしてください。

 

KORG チューナー ギター/ベース用 GA-1

KORG チューナー ギター/ベース用 GA-1

 

 

何から練習したらいい?

はじめは何をするべきか分からないと思います。

自分の好きなミュージシャンのスコアか、人気曲が色々アレンジされたコードブックを買ってきて、簡単そうなものから練習してください。

弾き語りをしたいなら、①コード弾きを練習して、バンドでリードギターをやりたいなら②単音弾きも練習してください!

まずはメジャーコードをすべて弾けるようにして、ドレミファソラシドを綺麗な指使いで弾けるように努力してください。

音楽の基本。

ピアノとかまるでやったことが無い人は、本当に理解不能だと思うんですが、音楽の理論っていうのは真剣に考えようとすると結構難しいです。だからまずはフィーリングを大事にしてください。あなたが良いと感じるのが、あなたの音楽です。あまり難しく考えないでください。

 

まずは拍子というものが理解できればよいです。

1,2,3,4。ワン、ツー、スリー、フォー。

1小節を4つに分割する、四分音符が4つ並ぶ。

これが4拍子です。

 

ロックの基本は、エイトビート。

1小節に8回弾きます。

この1,2,3,4に合わせてダダダダダダダダ。

これが基本のリズムです。

ドラムのハイハットは、普通このリズムです。

ほとんどのポピュラーミュージック、ロックミュージックで聞くことが出来ます。

ツ ツ チャ ツ ツ ツ チャ ツ !

 

拍には表と裏があるの、わかりますか?

表は、ワン、ツー、スリー、フォーと言う時。

裏はその逆の時です。

 

スマホ向けのメトロノームや、リズムマシーンのアプリがたくさんありますので、こういったものに合わせて演奏してみてください。

自然に理解できるでしょう。

 

音感が全然ないんだけど……

絶対音感は子どもの頃にしか身に着けられない特殊能力である為、諦めてください。絶対音感はただの特殊能力ですので、なくても、いきなり初めて聞いた音楽にジャムセッションで合わせることは可能です。

これは相対音感という能力で、他の楽器や、音源に合わせて引く練習をしていれば、自然に鍛えられます。簡単にいえば、いま鳴っている音と、自分の弾いている音の、音程を聴き比べる能力です。

同じ高さの音なのか、少し低い音なのか、少し高い音なのか。

ただそれだけのことです。難しく考えず、他の人が鳴らしている音に対して、てきとうに音を鳴らしてみましょう。そして少しずつ音を近づけて行けば良いのです。

ギターの指板上で、自分の求めている音がどこにあるのかは、見つけるのが難しいと思います。でも多分、ボーカルでなら、自分の声域にある音程であれば、比較的簡単に合わせられると思います。

口笛なども手軽でいいですね。

相対音感は必ず鍛えることができます。ちょっとずつ練習していきましょう!

コード進行や、音の配置は覚える必要がある。

これはすべて覚えたほうがいいです。基本のコード進行、音の配列。指板上で、どの位置にC#があるのか? どんな組み合わせがあり、どんな組み合わせが良いのか。どんなリズムパターンがあるのか。

五線譜に書かれている情報量というのは凄まじいです。フィーリングだけで音楽するのは素晴らしいことですが、現代音楽というのは理論に上に成り立っています。音楽というものをよりよく理解するためにも、日ごろから五線譜に触れていた方が良いと思います。

練習環境がないんだけど……

だんぼっちを買いましょう。

組立式 簡易防音室 だんぼっち

組立式 簡易防音室 だんぼっち

 

これだけでマイスタジオ・防音室になります。 

ニコ生の歌い手などに使われている商品ですが、これだけでは防音が不十分なので、自分なりに工夫する必要があります。防音材などでカスタマイズしましょう。

練習しよう!

以上は僕の音楽に対する考えでありますが、なんにせよ、こういうものは理屈では無いと思います。

楽器を弾いてみて、ジャムセッションに挑戦してみて、そして覚えて行くものです。音楽、楽器に長く触れていることで、勘は培われます。

長く険しい道ですが、あなたも素晴らしいミュージシャンになれる可能性があります。

ぜひ音楽に挑戦してみてくださいね!!

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。