読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

シロアリ駆除は自分でできる、現役業者が教える本音!

スポンサーリンク

目次

何のためにシロアリ駆除をやるのか。

シロアリ駆除は必要なのか???

シロアリ駆除ですが、新築の家はだいたい防蟻処理といって、5年~10年有効な薬剤をあらかじめ基礎部分あるいは木材に塗布しています。

大抵は5年~10年が経過した後に、住宅メーカーから案内が来ると思いますが、この見積金額が高いとか、メーカーの紹介業者があまり好きではないとかで、僕の勤務先の電話が鳴ることが多いように思います。

ベタ基礎か、布基礎か。

神戸の大震災を境に、ベタ基礎の建物が主流になりました。これまでは布基礎といって、床下の地面がむき出しになっていました。

布基礎の場合は、シロアリ駆除が必要ですが、ベタ基礎の場合はあまり意味がないように思います。

シロアリはコンクリートを食べません。食べるという営業マンも居ますが、嘘です。

 

ベタ基礎でも駆除は必要なのか?

ベタ基礎でも、地震や経年劣化などでコンクリートのクラックが生じていると、シロアリの侵入が考えられます。しかしそんなクラックなど、一部にしか生じていません。業者に頼んで床下全体に薬剤を撒いてもらう必要はないと思います。

繰り返し書きますが、シロアリはコンクリートを食べません。

僕の勤務先にも居ますが、食べるという営業マンは嘘つきです。

 

布基礎の場合

布基礎の場合ですが、これは地面がむき出しで、シロアリは蟻道とよばれるトンネルを築いてコンクリートをあがることは出来るので、住宅の木材を食べられてしまいます。

ヤマトシロアリならせいぜい、上がってきた部分を中心に1~2平米程度の被害ですが、イエシロアリ(本州では関東以西に生息)では被害はもっと大きくなります。

シロアリ自体は、自然界ではセルロースを分解して土に還す役割をしているので、どこにでもいます。シロアリは巨大な生命のサイクルの一部です。

対策は必ず必要です。

 

セントリコンシステムについて

これをやっている業者は大手だとダ○キンとかだと思います。

住宅の周りにシロアリ用のベイト剤(毒餌)を埋めて管理するというやり方で、先進的なシロアリ駆除です。

大げさな機械を使って、床下に入る薬剤散布と違い、インパクトが少ないのでやってもらっている感覚が薄いと思いますが、メリットはすごく多いです。

①住居に薬剤を撒かなくてよい。(人体・ペットへの影響がない。)

一般的に使用している薬剤はピレスロイド系といい、人体への害が少ないものです。これは薬剤からの被爆が一番多い作業員はもちろん、住居に住んでいる方にも健康被害が起きないレベルです。

癌もそうですが、結局、現代人というのは非常に多くの化学物質と日ごろ接しており、こういったものの積み重ねが癌を発生させます。

シロアリ薬剤の影響はほとんど心配する必要がないでしょう。

②5年・10年ごとの更新が必要ない。

薬剤散布だと5年ごとに撒きなおす必要がありますが、この5年ごとの見積を取って、業者が家にあがり、床下に入ってもらう、という手間を省くことができます。

セントリコンシステムは、埋めっぱなし、任せっぱなしでよいのです。

③庭を守ることができる。

ウッドデッキ、貴重な木々、木造のガレージなどがある場合に、庭を守ることができます。

あと建物の構造にもよりますが、シロアリが侵入しやすい場所に木材を使っている場合には、こちらの工法のほうが確実でしょう。

お金を掛けない為には、どうしたらいいか。

家の外のウッドデッキなどはセントリコンシステム以外では守るのが難しく、なかなか維持管理のコストが掛かってしまうと思います。床下の無い建物でも同じことが言えます。

一般的な住宅の場合(布基礎)

一般的な住宅であれば、床下に自分で入り、薬剤を撒いてくることは、素人でも可能だと思います。

農家の人なら造作もない話だと思いますが、下記のような薬剤を調合して、スプレーヤーで撒くだけです。 

  

自分でやるシロアリ駆除、手順

①薬剤を用意する。
  • 床下面積に合わせた必要な量のシロアリ薬剤
  • スプレーヤー

薬剤を使う際は、必ず説明をよく読んで使ってください。

飲食物と間違いやすい容器に入れるのはNGです。

②道具の用意。
  • 懐中電灯
  • 汚れてもいい服装(長袖、できればフードつき)
  • マスク
  • 電動ドリル(知識ある方のみ)

床下は埃がすごいのはもちろん、カビもすごいです。

床下は通気口確保のため、害虫も自由に出入りできることが多いです。

ムカデ・クモ・ヘビ・ゴキブリ、もうなんでもいます。

ハチの巣があることも。笑

ちゃんと体を保護してくださいね。

最初はちょっと嫌ですが、わりとすぐ慣れてきます。

床下に入る業者ってけっこうたくさんあります。

電気屋さん水道屋さん大工さん、シロアリ業者、みんな慣れていて、半そでノーマスクで入っていくような人も居ます。

僕も床下に居るときはけっこうリラックスしていますね。

ほとんどの生き物は、基本的に悪さはしてこないです。

静かに逃げていきます。

ハチとヘビは危険なので、見つけたら作業を中断してください。

作業するなら、冬のほうが安全です。

③シロアリの痕跡さがし。

懐中電灯で照らしながら、シロアリの痕跡を探してください。

けっこう大変ですよ? 業者も見えない床下でがんばってるんです。

シロアリいたら、集中的にまいてください。

④薬は木材から地面まで全部にまく。

けっこう大変ですから、スプレーヤーにしっかりと圧をかけて、時間をかけて量を撒いてください!

まとめ

ベタ基礎はシロアリ駆除が必要ない場合が多い!

①まずは業者に相談してみる。

業者に相談すれば、丁寧に見積を取ってくれて、床下の状況(シロアリの生息状況)も教えてくれます。

②見積もりが合わなければ自分でやる!

よく考えてみれば大変な作業かもしれませんね。

見積を見て、お金を払うか、自分でやるか。考えてみて下さい。

お金のかかることですから、賢く

 

以上です!

 

なにか質問・相談あればコメントください。

ありがとうございました!

関連記事

スポンサーリンク


当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。