高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

年賀状とバレンタインデーをボイコットする。

金がない。

 

最近かねがないです。金がないので営業エリア内にある実家でお昼ご飯を食べて、水筒にお茶を補給しています。

本当はあまり実家には帰りたくないし、休職中の親父と顔を合わせるのも面倒です。なにより途中にある美味しいラーメン屋(チャーハンがたまらなく美味い)の誘惑は強烈です。

でもとにかく、実家のご飯とオデンと、インスタントラーメンで食事を済ましています。

 

勤務先の現状

 

僕の働いている会社では、お中元とかお歳暮という習慣はないけれど、年賀状とバレンタインデーという超めんどくさいイベントがあります。それに誰かの不幸、結婚・出産などの度に社員1000円パート500円ぐらいを集めて贈ります。

こういうのは冷静に考えれば、お互いに必要のないものを購入して贈りあっているだけなので、あまり意味がないです。僕は子供の頃から、こういった習慣が苦手でした。

 

長いものには巻かれろと言います。権力や習慣には逆らわないほうがいいです。世の中はこわいところです。しかし悪習を放置しておくこともできません。まず僕たち若い世代が動いていかなくてはなりません。

 

年賀状ボイコット

年賀状ボイコットをしたら、どういうことが起きるでしょうか。

まず、ひんしゅくを買う可能性があります。というかそれ以外に何かあるのかな。

人間関係をわるくすると仕事がしづらくなります。

会社には独自ルールがたくさんあるので、インターネットで調べてもわからないこととか、聞きづらくなります。

 

まあでも年賀状は贈らなくても気が付かない気がしますね。僕が送っても送り返さない人も数人いたので、どういうつもりか分かりませんが…… 翌年も送りませんでした。

 

年賀状ボイコット、チャレンジします。

1000円ぐらいの節約ですけど、俺は慣習には縛られねーんだよアピールいきます。

 

バレンタインデーボイコット

これよりも難易度高いのがバレンタインデーボイコットです。

男性社員のほうが女性のパートよりも少ないので、毎年チョコレートは山のようにもらいます。だいたいお返しだけで10000円近くかかってしまいます。

もらったチョコレートといえば、僕はチョコレートにうるさいので、ゴディバ以外はほとんど手を付けずに捨ててしまっています。

ハンドタオルとかくれる人もいるけど、僕はハンカチ持つ習慣がないので、雑巾にしています。

それってせっかくもらったのに最低じゃねえか!? と思うかもしれませんが、僕はモノはモノだと考えるようにしていて、そもそも狭いアパート暮らしなので使わないものはどんどん捨てて、必要になったら買いなおすというスタイルを貫いています。

チョコレート業界は儲かるでしょうが、単に慣習になっているというだけでチョコレートを配るのは辞めてほしい。

いきなりボイコットすると人間関係悪くしそうなので、とりえあず100円の板チョコでも真顔で配って、「僕お小遣いそんな無いっすよ^^; 結婚しちゃったんで…… スミマセン」と行きましょうか。

去年までは一人600円*15人の予算がかかっていたので、500円*15人の節約です。

 

お祝いを自粛してもらう。

結婚の時に、お祝いに花束と金一封をもらいました。

このお金でお礼のケーキを買って会社に配ったので、手元には何も残りませんでした。

花瓶を持っていないので花はすぐ枯れてしまい、迷わずゴミ箱に捨てました。

 

僕は結婚したことを会社に2か月ぐらい言いませんでした。冷やかされるのが嫌だったし、結婚というのは単に制度であって、これから一緒に暮らしていくという事実をきちんと、自分なりに捉えたかったからです。

それで2か月経って生活に慣れてきたので、何かあったら病院にもかかれないし、と思って会社に言いました。

 

ほんとうは事務所に大勢いるときにお祝いを渡したかったらしいのですが、僕もその頃仕事が忙しかったのと、あまり早く事務所に戻らないスタイルを貫いていたので、タイミングが合わず、結局お祝いを受けたのは3か月ぐらいしてからでした。お金を出してくれたほとんどの人が帰ってしまった後でした。

 

いちおう喜んだふり(※)だけしましたが、別にプライベートのことだから会社関係ないよあなとずっと思っていました。

 

※ こう書くと見え見えのお芝居を想像すると思いますが、それはもう渾身のお芝居でした。僕はちょっと照れたふりをした後、うれしさを隠し切れなくて、つい笑みがこぼれてしまうという感じで、全力で喜びを表現しました。

 

今度子どもが生まれますが、僕としてはお祝いというのは自粛してもらいたいと思っています。

20年ぐらい前に子供を産んだ人たちに、ありきたりな言葉をかけられ(父親になったんだから頑張るんだぞみたいなw)、いかにも勉強になりますという顔をするのも、面倒です。

 

自粛してもらえるかなあ。言ってみよう。

 

贈りもののチョコレートとしては、この辺が無難だと思いますね。

 

 

贈答の慣習には反対ですが、僕はけっこうプレゼントは贈っているほうです。

同じ部署の人にも、年に1回ぐらいは旅行のお土産とか買って帰ります。

こういったプレゼントは誰が誰のことを思ってあげているかはっきりしています。

単なる慣習としてではなくて、気持ちの表現としてのプレゼントは、大事だと思っています。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。