高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退したならクレジットカード作ろうぜ。

なぜクレジットカードが必要か?

いちいち言うまでもないかもしれませんが、インターネットが発達した現在、iPhoneの利用に必須なapple IDはもちろん、Amazonのようなネット通販を利用するのにも、クレジットカードが無くては困ってしまいます。

クレジットカードというと審査が必要な印象があり、学生やフリーターには作ることが出来ないように思えますが、果たして一体どうなのでしょうか? この記事では、クレジットカードを取り巻く現状をリサーチしていきたいと思います。

 

18歳以上で、高校生でなければOK。

実は高校を中退するとクレジットカードを作ることが出来るんです。

クレジットカードの審査には年齢制限がありますが、基本的に18歳以上となっています。中には20歳以上など特別な条件のあるカードもありますが、基本は18歳からです。でも高校生はダメなんです。19歳の高校生でもダメです。中退すると皆さんの身分はフリーターになりますので、カードを作ることが出来ます。

ただし未成年者(二十歳未満)は保護者の同意が必要ですので、親の説得は課題として残ります。

 

カードを作るなら、どこの会社がオススメ?

カード会社は沢山ありますが、例えばデパートだとか、地元の鉄道会社ですとか、様々な会社がクレジットカードを提供しています。

そのカードを提供している会社に決済システムを提供しているのが、「国際ブランド」というものです。

 

これはVIZAだとかJCB、Master Cardが有名ですが、僕は地元の鉄道会社でカードを作り、これにはVizaの「国際ブランド」が付いています。いまのところ別に不自由したこと無いです。

つまりどこの会社でカードを作っても決済システムを提供しているのは世界共通の会社ですので、心配いらないということですね。

 

カードを作ると色んな特典があり、まず登録しただけでポイントがもらえることが多いです。それからカードで買い物するとポイントがもらえます。

どうせ同じお金を使うなら、そのお金の一部がポイントで戻ってくるほうが良いですよね!

 

年会費はカード会社によりますが、ある程度利用していれば無料ということが多いです。

 

オススメカード会社

僕のオススメは↓楽天カードです。

楽天カードのいいところは、インターネットから簡単に申込ができて、入会特典やポイント還元が充実しているところです。年会費も無料です。

楽天といえば楽天市場というショッピングモールを提供していますから、貯めたポイントでインターネットでお買い物ができます。

カードを作るには審査がありますが、楽天カードなら、学生でもけっこう持ってる人、居ましたね。

 

おわりに

日本ってお金の話題はタブーなところがあり、汚い物というイメージがあります。

カードに対してネガティブイメージを持っており、現金以外信用しないという人もいます。

でも本当にそうでしょうか。

クレジットカードはとても便利で、いろいろな手間を省くことができるものです。

最近はインターネットで利用明細も確認できますから、そうやって考えながら慎重に使えば、金融や経済の勉強にもなりますし、僕はカードを持っていない人はすぐ作ったほうがいいと思っています。

ただ、使い過ぎはダメ。自分の預金口座にちゃんとお金があるのを確認してから、買い物しましょうね。

そして引き落としの日まで、買い物した分のお金は預金口座にちゃんと入れておいてください。

これはとても大切なことです。

あなたの信用にかかわります。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。