読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人向けに情報発信しています。

夜寝つきが悪い人へ。

ぐっすり眠ろう!

けっこう仕事をしていて人から聞く悩みなんですが、朝起きるのが苦手だ、夜そんなに早く布団に入っても寝付けない、だから負のスパイラルに陥る。そういうことを言う人が多いと思います。そんなあなたが今日からぐっすり眠れるように、いくつかアイデアを出してみます。とはいっても僕自身これは実践は困難だと思っています。

 

夕方以降のカフェインは控えましょう。

問題はカフェインの覚醒効果は8時間~14時間も持続することです

出典: コーヒーとカフェイン:睡眠への影響

nandemo.ciao.jp/nemunemu-nandemo/suimin/nemuruniha/post-55.html

 

カフェインの効果は8時間あると言われていますので、夜11時に眠るとしても午後3時までにコーヒーは済ました方がよいと思われます。個人的な経験則ですが、カフェインの効果時間中に飲酒すると余計に寝つきが悪くなる気がします。

ちなみに僕はコーヒーは1日1杯、夕方に摂取しています。夜寝る前にウイスキーを軽く飲みます。お酒もよくないみたいですね。

寝つきは悪いです。外勤なので昼寝で補ってます。

 

他人の課題は切り捨てる。

嫌なことを思い出して寝れない時ってありませんか?

ばかにされたと思った時。自分が正当な評価・扱いを受けていないと思った時。

仕事で嫌なこと、あると思いますが、ほとんどは人間関係の悩みだと思います。僕もけっこう最近まではイライラしてしまってどうにもダメな時がありました。本当に明け方まで眠れないこともありました。

まあでも最近本で読んだんですけど結局そういうのって他人を自分の思い通りにしたいと思うから、そういう気持ちになるようです。他人が自分のことをどう思おうとそんなこと別に自分が決めることじゃないんだなってことが分かってきたので、最近はそんなにストレス抱えてないです。

自分がベストを尽くしたら、後は別に他人の評価なんて気にすることでもないんです。

仕事で理不尽なこともたくさんありますけどね。まあまだアドラー心理学のことをよく理解してないし、実践は難しいと言いますから、これからもっと勉強していくつもりです。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

この本はアドラーにとってのプラトン(ソクラテスの弟子で、ソクラテスの教えを本にした)を目指して、対話形式で書かれています。哲学っていうのは決まりきった真理を教えるような、そんな偉そうなもんでもなくて、一般の人が気づきを得るためのものだというような説明がされています。アドラー心理学の考え方は目から鱗なので、ぜひ読んでみて下さい。

 

目をつむって、ぼーっとしてみる。何か考えてみる。

入眠時幻覚というのはナルコレプシーの患者にみられる幻覚の一種だそうですけど、僕の場合はなんですけど、これに近いものがあります。

というか他の人にも聞いてみたけど、いちおう正常な人にも軽度の幻覚は見られるみたいです。ようするに夢見てるみたいな感じです。

 

僕はよく100万円あたって、今日中に使い切るのが条件だったら、何に使うだろう?とか、眠れない時そういうことを考えます。

そうすると大体お金を使い切る前に、気が付いたら全然別のことを考えていて、しかも自分が特に意識していないよくわからないことを考えていることに気が付きます。

時には鮮明な夢のようなものを見ていたり、色々なアイデアが頭に一方的に浮かび上がったり、そういう感じになります。

色んな音が聞こえてきたり、1日に起きた出来事が走馬灯のように駆け巡ったり。

その感覚が来たらもう、夢うつつです。

僕はそのままその感覚に身を任せて、眠りに落ちます。

 

まとめ

いかがでしたか?

書いているうちに、もう夜の12時を過ぎてしまいました。

明日は7時半に起きます。

もっといろいろ書きたかったんですけど、また思いついたら書き足します。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

※蛇足ですけど、前にこんな記事を書きました。

朝起きるのが絶望的に苦手だ。 - 高校中退からの人生ガイドライン

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。