読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人向けに情報発信しています。

スペイン語ってどんな言語なのか?

スペイン語?

私は大学時代、第二外国語としてスペイン語を勉強していました。就職して3年、もうほとんど忘れてしまいましたが、当時はかなり夢中になって勉強していました。正直スペイン語圏だったら安心して旅行できますが、英語圏はちょっと苦手意識があります。

なんといいますか、日本で普通に生まれ育つと英語以外の外国語を勉強する機会が無いので、一度本格的にやってみるといいですよ。語学っていうものを違う視点から見ることができて、いろいろ学ぶことがあると思います。私自身も英語は苦手だったので、スペイン語を勉強して初めて理解できたこともたくさんあります。

本当は英語を勉強している高校生などが、1度やっておくべきことなんでしょうね。

スペイン語はラテン語の親戚

ラテン語っていうのは、よくアメリカのスクール物の映画とか見ていると出てきますが、日本人にとっての古文みたいな感じです。宗教上の儀式などで頻繁に使われて、それが分かるとちょっと教養があるみたいな感じがします。

そのラテン語にルーツを持つ言語、ポルトガル語(ブラジル語)、イタリア語、フランス語はお互いに意思疎通が(ある程度)可能だとされています。サッカー好きな人は詳しいと思いますが、スペインという国は色々歴史的経緯があり、バルセロナのあたりではカタルーニャ語のほうが話されています。

発音は日本語とほとんど同じ。

スペイン語と日本語は発音がよく似ています。表記は英語と同じアルファベットを使用していて、基本的にはローマ字読みでオーケーですので、英語に比べて発音の壁が低いです。私もスペイン語を学び始めた頃にスペインに行ったことがありますが、現地に留学にきているアメリカ人などに比べて圧倒的に発音がうまいので、"Muy bien!"(ベリーグッド)と何度も言われました。

例えば"Bésame mucho".(たくさんキスして)ですが、"ベサメムーチョ"をカタカナで読んだらそのまま通じます。

ロマンス諸語は動詞の活用が鬼。

なんといっても、ラテン語は動詞の活用が鬼です。

活用というのは、主語や時制に応じて動詞の形が変わるよっていうことです。

例えば「私が欲しい」は「(Yo) quiero」。欲しがっているのが会話の相手だったら「(Tú)Quieres」。さらに第三者だった場合は「(El) Quiere」という具合です。

英語だったら最初の2つは「want」3つ目は「wants」で済みますよね。

 

さらに人称が複数の時。

私たち [英] We want  [西]Nosotros queremos

あなたたち [英] You want [西]Vuestoros queréis

彼ら [英] They want [西] Ellos quieren

 

このように動詞が何十種類にも活用するので、いわゆる「動詞の原形」というものが動詞を見て判断つかなければ、辞書を引くことさえ出来ません……笑

実際の会話で使う表現というのはまた違ってくると思うので、言語同士を簡単には比較できないですけど、スペイン語はネイティブでない人にとって、基本的なことを覚えるだけでも大変な言語だなあと思います。

 

スペイン語が話されている地域は……

スペインと、南米です。南米はメキシコ以南。

ただしブラジルはポルトガル語(ブラジル語)です。

英語、中国語の次に話者が多い言語とのこと。

 

スペイン語を勉強しよう。

英語以外の言語ってどれもそうですが、学習者の数が英語と比べたら圧倒的に少ないので、なかなか情報量が少ないと思います。そこで私が実際に学習に使用した参考書を以下に紹介します。

 

辞書

 ○スペイン語ミニ辞典

スペイン語ミニ辞典

スペイン語ミニ辞典

 

 初めてだったらこれ一冊でも十分でしょう。ポケットサイズの辞書で持ち運びしやすく、白水社の辞書は分かりやすくて、非常に勉強になります。

 

○和西辞典

和西辞典

和西辞典

  • 作者: 有本紀明,エクトルフローレス,布施温,寺崎英樹,土壁重信,牛島信明
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2000/12/21
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

和西辞典なら白水社だといいます。非常によいと思います。

 

○クラウン西和辞典

クラウン西和辞典

クラウン西和辞典

 

 西和辞典は、私が学んでいた先生はクラウン一押しでした。和西辞典は白水社だってうるさかったんだけどなあ。

 

参考書

○教養のためのスペイン語

教養のためのスペイン語

教養のためのスペイン語

 

授業で使っていた本ですが、すこし専門的でかみ砕いた説明が少ないです。ある程度語学の知識がある人向け。いちおうHOLA(やあ!)から始まります。

 

○これならわかる スペイン語文法 

NHK出版 これならわかる スペイン語文法―入門から上級まで

NHK出版 これならわかる スペイン語文法―入門から上級まで

 

はじめはこういったページ数の多い本で、文法などを学んでいくと良いと思います。 

 

スペイン語で書かれた教材
En Directo: Libro Del Alumno + CD 1

En Directo: Libro Del Alumno + CD 1

 

スペイン語で書かれたスペイン語の教科書です。CDつきです。

簡単なスペイン語会話から始まり、徐々にレベルがあがっていきます。

1人でやるのは大変かもしれないですけど、わかりやすいです。

En Directo: Libro Del Alumno + CD 2

En Directo: Libro Del Alumno + CD 2

 

2冊目になると、ちょっとレベルあがります。

 

テレビ・ラジオ

 ○まいにちスペイン語

NHKラジオ まいにちスペイン語 2016年 11 月号 [雑誌]

NHKラジオ まいにちスペイン語 2016年 11 月号 [雑誌]

 

まいにちスペイン語は全部インターネットで聞けると思います。 わかりやすくて参考になりますが、ちょっと冗長な感じもあります。初心者向け? 確か応用編もやっていると思いますが、あれはちょっと難しいです。

 

○旅するスペイン語

NHKテレビ 旅するスペイン語 2016年 11 月号 [雑誌]

NHKテレビ 旅するスペイン語 2016年 11 月号 [雑誌]

 

 テレビでもやっています。こちらのほうが映像もあって、雰囲気も伝わってくるし、イメージがつきやすいかも。

 

まとめ  

いかがでしたか?

実は私も文法とか基本的な語彙をちゃんと理解しているだけで、長期留学したわけでもないので、ナチュラルなスペイン語会話はまったくできません! そしてもう3年もブランクがあります。

スペイン語のページを多少見ることができるのと、ニュースとか喋っているの聞いてギリギリ何の話題なのかわかるぐらいです。

あと使っちゃいけない言葉とか、スペインの文化的なこととか。そういうのをちょっと知っているだけ。

本当にやりたかったら、文法と基本語彙だけ頭に叩き込んで、さっさと現地で半年でも1年でも仕事してくるのが良いと思います。やっぱり仕事が一番覚えるみたいです。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。