読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

煙草は吸うな。

スポンサーリンク

依存度最悪の薬物タバコ

 煙草は依存性のとても高い薬物である。

周りの喫煙者を見てみよう。ほとんどの人が煙草を辞めることが出来ず、煙草を吸えない環境にいるとそわそわし始める。

「煙草を吸い始めた頃、煙草が美味しかったか」と色々な人に聞いて回った。

「いや、最初は良くわからなかったが、そのうち吸わずにはいられなくなった。吸うとすっきりするようになった」と答える人がほとんどだった。

俺自身煙草を吸ってみたが、頭が痛くなって寝つきが悪くなっただけだった。酒は酔っぱらうと不思議な感覚になって楽しい。だけど煙草は何が良いのかまるで分からず、彼らは煙草を吸うために煙草を吸っているんじゃないか、そう思うようになった。

マリファナ青春旅行〈上〉アジア・中近東編 (幻冬舎アウトロー文庫)

マリファナ青春旅行〈上〉アジア・中近東編 (幻冬舎アウトロー文庫)

 

 薬物使用の危険性を訴えるなら、まず依存性の高いタバコ。そして健康に悪いアルコール。こういうものから始めた方がいいんじゃないの? 海外で医療用の使用が認められている大麻とか取り締まっている場合じゃないでしょう。

社会的に認められている煙草

喫煙者は臭いし(服も車も)、咳がひどいし、煙草が吸えない環境を耐えがたいと感じています。一緒に行動するのにも特別な配慮が必要で、こういう人たちと一緒にいると面倒なものです。

最近はちょっとずつ喫煙者の肩身が狭くなっていますが、それでも今なお人の通る場所に喫煙所があるケースもあり、非喫煙者に迷惑をかけています。煙草の副流煙は他人にも害を及ぼします。

それでも国の政策として煙草が認められてきたのは、その依存性の高さと健康への穏やかな(しかし確実な)影響ということで、税収的な面が大きいと思います。煙草産業は広告で煙草を吸うことが大人でかっこいいイメージを作ってきましたが、よく考えれば煙草なんて百害あって一利なし、愚かな国民から搾取しようという政府の都合で市場に流通させられたものです。

大麻のほうが安全で健康に良いという事実

例えば大麻というのは日本の法律では禁止されていますが、これは煙草に比べると税収があまり見込めなかったという背景もあります。栽培が簡単な上に、少量でよく効きます。依存性が低い上に、吸うと幸せになってしまいます。

(※当たり前ですが、大麻も大量に摂取すると危険です。)

そうなると国民は家で大麻を吸って音楽を聞き、オーガニックでナチュラルな美味しいものを食べるようになります。こうなると消費に走りません。

ただ現在では大麻ビジネスというのも注目され始めていて、オランダやアメリカの一部州で合法ですし、もともとアメリカ・ヨーロッパでは個人での栽培・使用はほとんど取り締まっていなかったという背景もあります。

僕も大麻は危険な薬物だと信じ込んでいたので、この事情を知った時は驚きました。日本では警察庁の配っているパンフレットに誤った説明がされています。教育(洗脳)って恐ろしいですね。

有機 麻の実油 230g

有機 麻の実油 230g

 

 

スポンサーリンク


当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。