読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

大学ってどういう感じなのか?

スポンサーリンク

最近は進学以外にも多数の選択肢があり、高校に行かずとも人生をどうにか勝負する方法はいくらでもあるらしい。でも大抵の高校中退者はメンタル的に打たれ弱く、自分の好きなことを信じて自己実現していけるほど強くは無いと思う。

当然ながら社会的なスキルもかなり低いと思う。世の中のことも良くわからないし、いろんな手続きや制度にしても良くわからない。それがほとんどの人だと思う。

 

またあの同世代の集団の中に戻るのか……たとえ高卒認定に受かったとしても、大学に行くことに不安を覚える人は多いと思う。俺もそうだった。戻りたくなかった。

大学生は18歳~23歳ぐらいの人が多い。医学部だったらもっと年上もたくさん居る。高校生のときより少しぐらいは大人になったか? なってないだろう。

 

○授業

高校の時のように毎日同じメンバーと顔を合わせる必要は無いが、人数の少ない学部だと、結局ほとんどの授業は一緒に受けることになる。(人間関係を)ほどほどにうまくやることが重要。

内容は、本を読んで自分で勉強できることばかりだが、疑問に思った事や自分の調べたことを先生に聞きに行き、アドバイスをもらえるのはありがたい。

 

○イベント(発表会、講演会、文化祭、飲み会等々)。

これも授業と同じで、メンバーが大体同じになることが多い。人間関係をうまくやれていないとストレスになるかもしれない。

 

○サークル

サークルにもよるが、色々入ってみてあんまり馴染めなそうだったら辞めよう。オタクの集まりもあるし、本当に物凄いことをやろうとしてるイカれた人もいる。普通の部活動みたいな感じでわいわいしてる体育会系もいる。

 

○バイトやボランティア

大学生は時間がたくさんあり、社会的にも受け入れられやすいので、バイトやボランティア、様々な活動をするいいチャンスです。「高校中退です」よりは「大学生ですのほうが言いやすい。笑

 

大学に入ると、どこかに自分が属しているという安心感が手に入ります。そんなもの幻想だと思うけど。高校中退の時よりメンタルが少し安定する。

そして色んな人との出会いがあります。学校生活をうまく利用すれば色んな人と色んな機会に仲良くなれるので、友達はもちろん恋人も探すことができる。

自分次第でそれなりの学校生活が手に入ると思う。今のところ大学に行くぐらいしか選択が思いつけないなら、大学生、なってみるのもいいんじゃないかな。

 

tacha.hateblo.jp

スポンサーリンク


当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。