高校中退からの人生ガイドライン

高校を中退した人に役立つ情報を集めています。

学校をやめたら運転免許を取りましょう。

高校中退したら運転免許を取りましょう。

高校を辞めるとどうしても周囲の人間との関わりが少なくなるので、周りの人たちがどんな感じがわからないと思います。大抵の高校生は進路が決まると、自動車学校に通っていて、高校卒業までは運転免許を学校に預けています。

20万〜30万程度の費用がかかるのと、1ヶ月〜2ヶ月程度の期間が必要なので、大学に進学してから取る人も多いと思います。

18歳になったら普通免許が取れます。

大体の高校は生徒の安全管理を強く意識しているので、運転免許を取得することが出来ません。まったく余計なお世話ですよね。

高校を辞めてしまったなら、はやいうちに運転免許をとって、親の車を借りたりして練習に慣れてしまったほうがいいです。

特に地方に住んでいる場合には運転は必須ですし、外回りの仕事(配達や清掃、営業など)をやる上でも運転スキルは必要です。

フジロックに行くとか、富士山五合目まで行ってみるとか。ときどき遠出するのも楽しいですよ。

合宿で取るのもいいかも

大学生がほとんどだと思いますが、合宿で短期集中で取る人も多いです。人付き合いが平気なら、高校辞めて暇だと思うので、これも面白いと思います。

身分証はマイナンバーカードでOK

運転免許は身分証がわりにしている人も多いと思いますが、現在はマイナンバーカードを申し込めばきちんとしたカードを送ってくるので、これを持っていれば身分証明は十分です。保険証とちがって写真付きなので便利です。

運転免許は巨大な利権です。

お近くにある運転免許センターに行ってみればわかりますが、とても大きな建物で、なぜこの程度の免許制度を維持するのにこれだけの建物が必要なのだろう? と疑問に思うことだと思います。

運転免許制度は、とても儲かるのです。警察官はとても威張っています。これが利権というものです。正義に生きている人などいないのです。僕たちにできる対応は、窓口で必ず求められる寄付を断ることぐらいです。あれはほとんど警察OBから天下りした人たちの給料になっているらしいです。

大阪のほうではこのような利権構造にメスを入れて、お金の無駄遣い・予算をかなり減らすことができたそうです。

原付を取るのはやめよう。

16歳からとれる原付免許もいいんですが、原付は以下のデメリットがあります。

  • 冬は寒い。
  • 二人乗りできない。
  • 荷物を運べない。
  • 事故を起こしたら高い確率で大怪我をする。
  • 50キロほどスピードが出るが、警察のカモにされる。

30キロで走っている原付なんてほとんどいませんが、50キロで走っていると捕まります。

僕の乗っていた原付はtodayで、最高速度が48キロでしたが、僕は大学の4年間で5000円の反則金を3回払い、運転免許も違反者講習といって3年毎にくだらない話を聞きに行っています。

実際に僕の大学の同級生でも交差点で車と衝突、大怪我をして後遺症が残ってしまった人がいます。

あんまりオススメできません。

飲酒運転は絶対にダメ

僕は00年代にアメリカにショートステイしていた期間があるんですが、僕のお世話になった家庭のお父ちゃんはけっこう当たり前に飲酒運転していました。

日本でも実際これをやっている人はものすごく多いと思います。

薬物問題にしろ、日本の警察は「科学的根拠がある」などといって誇張して「絶対ダメ」という傾向があります。1杯2杯飲んだところで必ずしも事故につながるとは限りませんが、他人を巻き込んでしまう危険性、自分の人生を棒に振ってしまうリスク、この辺りをよく考えた方がいいです。

日本の法律では、飲酒運転は犯罪です。

当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。