読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校中退しても自殺はするな。

高校中退から何をすればいいか考える記事

スポンサーリンク

高校中退しても大丈夫! 生きていける!

俺の周りにはずいぶん酷い家庭環境で育ち、学校もろくに行ってなかったり薬物中毒だったり、大人になっても仕事もせずに家でゲームばっかりやって外出てもパチンコぐらいしか行かない、そういうアホが沢山いる。ハロワに1年通っても職が見つからないで鬱気味になってて、負のスパイラルに陥ってるやつ。仕事ついてもすぐ辞めたり、何年もフリーターだったり。

まあ根本的な問題はこいつらが本当に自分で変わろうと思っていないことなんだけど、それでも本当にそういう生活を続けていると自分に自信が持てなくなってきて、もう本当に死んじゃおうかなとか思うことがある。俺なんか高校中退~大学卒業の7年ぐらいはもう本当毎日死のう死のうどうやって死のうかなって考えてた。が、非常に仲のいい人間が自殺してしまった為、そいつの分まで生きなきゃなーって思うようになって死ぬことについて考えなくなった。

そん時は、まじで震えが止まらなかったし、悲しくてたまらなかった。明日もし自分が死んでも、そういう風に思ってくれる人が1人でもいるように、ちょっとでも人生を良く生きてみよう。

正直人生なんて失敗だらけだ。毎日些細なことで傷ついたり、イライラしたり、焦りや緊張で冷や汗とか手の震えが止まらなくなる瞬間もある。でもまあそういうことが増える分だけ、自分ちゃんと行動して頑張ってんだなと、思える。頑張りましょう。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 

2016/11/27 追記

実は僕のブログで一番読まれている記事は、この記事なんです。

信じられますか。こんなキーワードで検索してくる人が多いんです。

普通の高校生ってもっと何も考えてなくて、幸せそうにしてますよ。

僕の妹なんか学校いって、部活やって、テレビ見て、音楽聞いて、たまに勉強して。

休日は出かけたりしてます。彼女は本当に色んなところに出かけて、色んな経験をしています。

そんな妹なので心配ないですが、それでも僕は時々妹を連れて出かけます。

高校生では一人でなかなか行けないところ。車持ってないからね。

フジロック行ったり、サーフィン行ったり。大人の自由さを味わってもらっています。

生きているということの楽しさ。生きていなければ味わえないこと。

こんなキーワードで検索してくるあなたへ。

以下は僕からの提案です。

①生きている理由を考えてみる。

今属している世界、あなたは高校を中退して、フリーターという身分になって、今はもう何者でもないという感覚を味わっていませんか?

先生もいなければ同級生もいない。不安じゃありませんか?

人間って属していないことがこうも不安なんです。自分が学生でもなく、会社員でもなく。起業家でもなく、アーティストでもなく。

例えばハサミというものには、そこに存在しているだけで、物を切る道具だという本質があります。

しかしじゃあ人間の本質とは何ですか。存在している理由とはなんですか。

一度考えられるところまで考えて、気が変になるまで考えてください。

大丈夫、ちゃんと戻ってこれますから。

戻ってきた後は、もうそんなことは大して考えなくなりますよ。

②過去について存分に悩んでおくこと。

僕がこのブログを書いている理由のひとつは、自分の過去としっかりと向き合いたいと思ったからです。過去について考えることはほとんど意味がありませんが、まあしかしあなたなりに向き合うことは、あなたという人間を理解するうえで大切でしょう。

これから過去について考えてる時間なんてなくなります。今のうちに考えておくべきでしょう。

③これから何をするか考えてみる。

高校中退からの10年間は、一つの長い旅です。あなたがこの世で生きていくための目的をしっかりと考えなければならない。

あなたは何になりたいですか。研究員になりたいですか。会社員になりたいですか。政治家になりたいですか。アーティストになりたいですか。経営者になりたいですか。

目的を実現する為には今日から何をすればいいですか。

言い訳・自己欺瞞は辞めよう!

あなたはもしかしたら、親がどうこうとか、家庭環境がどうこうとか、言うかもしれません。

アドラー心理学というものがあります。

アドラー心理学では、これらはすべて原因ではなくて、ただの言い訳だと考えます。

フロイトなら「原因論」ですが、アドラーは「目的論」だと言います。

あなたは実は何もしたくないんです。そのために親や家庭環境、周囲のせいにして、言い訳しているんです。

違いますか?

 

この考え方について、詳しくは嫌われる勇気を読んでみて下さい。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

あなたはもう高校中退して晴れて自由の身、めちゃめちゃラッキーなんで、自由を謳歌するべきです。しかしせっかく自由なんですから自分自身にも嘘をつくのを辞めて生きましょう!

確かにあなたは恵まれてないかもしれない。だけどだからといって歩みを止めないでください。歩き続けてください。

自分は自分なんです。どこまでいっても。自分次第なんです。

自信をもって。自信は必ずついてくる。自分の人生を大切にしよう。

 

【関連記事】

スポンサーリンク


当サイトについて

たっちゃんです。当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。